トップ日記平成27年4月
日記(平成27年4月)
4月28日(火) 選挙事務
選挙が終わって、今日も朝から晩まで各方面への挨拶と事後処理に追われていました。選挙カーの引き取りが終わり、公費負担の書類作成や、これから会計処理もしなければなりません。

何より感じるのは、この間、朝日新聞にも記事が掲載れていましたが、選挙法が全く実態にあわず、時代錯誤となっていることです。

またあわせて、諸手続きの煩雑さと、過去4回選挙を経験して、ほとんど書類の中身から手続きまで改善されていないことです。

ポスターの公営掲示板については指摘させて頂きましたが、その他にも候補者のしおりを読んでも何が何だかさっぱり訳が分からず、顧客側の視点に立っていないことがよく分かります。

4年に1回の作業ですが、改善の余地は大いにありです。

4月27日(月) 地道にコツコツと
1夜明けて、今朝は湘南台駅で街頭演説を行いました。さすがに選挙も終わって街頭に立っている人はいませんでしたが、やはり平素の活動が肝要です。これからも地道にコツコツと努力を積み重ねて参りたいと思います。

4月25日(土) 人事を尽くして天命を待つ
7日間にわたる選挙戦が終了しました。多くの支援者の方々やスタッフの皆さんの支えにより、無事最後まで戦い抜くことができました。支えてくださった方々に心から感謝を申し上げるとともに、あとは人事を尽くして天命を待つだけです。

4月23日(木) NEO POSTER
ネット選挙なるものがどこまで浸透しているのかよく分かりませんが、市内を遊説しながらよく見かけるのが、ポスターの公営掲示板の前でポスターを見比べている市民の姿です。やはりどんな人が立候補しているのか気になるのでしょう。

46人も立候補している中でどんなポスターにすれば有権者の目にとまるのか、なかなか難しいところですが、今回新しい取り組みとして、「NEO POSTER」なる仕組みを導入しました。

これは以前にもこの日記で書きましたが、スマートホンで「NEO POSTER」という無料アプリをダウンロードし、選挙ポスターを撮ると自動的に私の政策PR動画が再生されるというもので、おそらく今回の市議選では唯一私だけが採用しているのではないかと思われます。

どこまで利用されるかは分かりませんが、何か一つでも新しい工夫を施し、少しでも政策をPRする機会をつくっていきたいと思います。

4月22日(水) 街頭演説
いよいよ選挙戦も中盤戦に入りました。おそらく連日連夜、市内各駅には各候補者が入れ代わり立ち代わりで入り乱れているのではないかと思います。

一方で、ちらほら聞こえてくる声として、久々だねというご意見です。確かに、この間、県知事選挙が告示されて以降、公職選挙法の規定によりマイクを使っての活動等が制限されていたことから半月近く駅頭に立つことができず、間が空いてしまいました。

とは言え、ルールはルールだけにやぶる訳にもいかず、とにかく残りの選挙期間中でできる限り政策を訴え戦い抜いて参りたいと思います。

4月18日(土) ネット選挙対応
いよいよ明日から市議会議員選挙が始まりますが、今回からネット選挙が解禁となることから、それなりに対応を試みることにしました。

一つにはこれまで使ったことがなかった動画を利用し、政策等をPRしようかと思っています。

具体的には無料アプリをダウンロードし、選挙ポスターの写真をスマートホンで撮ると自動的に政策PR動画を見ることができるというものです。

さらに、いくつかこれまでの活動や取り組みを短いスライドショーで紹介した動画も作成し、このホームページにもリンクを貼っておきました。

果たしてどこまでネット選挙が功を奏するのか分かりませんが、私なりに時代に追いついてゆく努力をしてみたいと思います。

4月17日(金) 今週1週間
今週は月曜日にこの日記を更新してから、しばらくそのままになっていましたが、この間、朝は駅頭を再開し、昼間は挨拶回りや行事をこなし、夜は地元で市政報告会を4夜連続で開催してきました。

そのせいもあって、なかなか日記の更新も手つかず状態でしたが、いよいよ選挙戦も明後日からとなりました。最後の最後まで準備に追われていますが、万全の態勢で臨みたいと思います。

4月13日(月) 前哨戦スタート
統一地方選の前半戦も終了し、いよいよ市議選に向けて前哨戦のスタートです。

これまで県議選の期間中できなかった駅頭活動も今日から再開しました。午後には選挙カーが納車され、夜には地元で市政報告会。

今日から市政報告会4連ちゃんです。
4月10日(金) 遠藤まほろばの里オープン
いよいよ遠藤まほろばの里の開園準備が整えられ、今日開園式典が行われました。

この遠藤まほろばの里は地元有志の方々が地元地域の活性化と里山の再生を目指し、NPO法人を立ち上げて、慶応大学湘南藤沢キャンパス近くの健康と文化の森で民有地等を借り上げ、様々な山野草を植え、散策等楽しめる場所として整備したものです。

正式には「遠藤まほろばの里 藤沢えびね・やまゆり園」となっていますが、今後は藤沢の北部観光の一つの目玉として軌道に乗ってゆくことを大いに期待したいと思います。

4月7日(火) 残金11,694円也
このところ選挙準備に追われ、2月定例会が終わってからというものの、ほとんど議会に行く機会がありませんでしたが、今日は久々に控室に立ち寄ってきました。

というのも、昨年度分の政務活動費の清算作業があり、私が使った分についての収支報告書作成のための資料整理をしてきました。

今年はギリギリ何とか余りが出たというところで、もう少し余裕があれば勉強会等にも参加したいところでした。

とは言え、もともとは市民の税金から頂いているものであり、例の泣きわめく、どこかの県議の政務活動費疑惑以来、市民の見る目も厳しくなってきているところであり、私たち自身がしっかりとした意識を持ちながら適切な使い方をしていかなければなりません。

ちなみに、昨年度は11,694円が余り、市に返金しました。


4月4日(土) 全国大会出場
昨日は年に一回の市ゲートボール連合の定期総会に招かれ、出席してきました。

残念ながらゲートボール人口も年々減る傾向にありますが、一方で藤沢のチームは昨年、県大会で優勝し、今年5月に行われる全国大会に出場することになりました。

私もできる限り都合をつけて応援に駆けつけたいと思っていますが、その前に私自身の試験をしっかりとパスして晴れて応援に駆けつけられるようにしたいと思います。

4月2日(木) 戸別収集になれど…
新年度になり、生活に関わる様々なことが変わりましたが、中でもごみについては、今月から雑紙類が戸別収集になりました。

私が住む地域では今日が資源の日でしたが、これまで雑紙類は資源として出されていたため、多くの家庭で雑紙類が玄関先等に出されていました。

折角周知に努めてきたものの、戸別収集までは理解されましたが、不燃の日に出すところまでは理解されていなかったようです。

一度出せば理解され、徐々に間違えることも少なくなってくるのではないかと思いますが、新たなことを始めるというのは何かと大変なことです。

4月1日(水) 新年度になって
今日から年度が替わり、平成27年度がスタートしました。市内を回っていても、入園式後に保育園の前で記念撮影をしている姿あり、新聞紙上も、新年度から何が変わるかをまとめた記事がありで、新しいスタートを感じさせる一日でした。

そんな中で、今日から子供たちを巡っては子ども・子育て支援新制度がスタートし、保育園や幼稚園、放課後児童クラブをめぐる制度が新しくなりました。

もちろん、新しくなることにより、子供たちとっても、保護者にとっても、現場で働く関係者にとっても、より良き制度になれば良いのですが、実情は何が何だか非常に分かりづらい仕組みになっています。

一連の子供に関わる取り組みが保育園を所管する厚生労働省と幼稚園を所管する文部科学省に分かれている国の縦割りを見直すという議論から派生し、結果的には一体化されるどころか、間に認定こども園という新たな仕組みがつくられ、内閣府が所管することになり縦割りの解消どころか、制度の複雑さが増す結果となっています。

しかも、こども園の中でも幼稚園から衣替えした幼稚園型と保育園から衣替えした保育園型、さらに、地域型など類型が細分化され、複雑さに拍車をかけています。

これで何かいいことでもあるのか、結局政治主導で制度の導入が決められ、官僚が後追いで制度の中身を詰めてきた結果、制度設計が間に合わず、現場に混乱を来たしています。

やはり現場を顧みず、政治による感覚的な判断で物事が決められてしまうと、こうなってしまうのでしょうか。

 先月(平成27年3月)の日記はこちら
 
このページのトップに戻る 
Copyright(C) 原てるお後援会. All Rights Reserved.