トップ日記平成27年8月
日記(平成27年8月)
8月27日(木) 保全計画
一般質問の聴き取りに先立ち、石川丸山谷戸の保全計画(案)について担当課に話を伺いました。

これまでの議会での答弁では、この夏くらいには保全計画の案が取りまとめられ、緑保全審議会にかけてから地元の皆さんに説明に伺うということを聞いていたので、そろそろどんな状況なのか聞いてみました。

ちょうど先日緑保全審議会にかけられ、今後は地元の皆さんのところに説明に伺うことになるようです。内容的には、思っていたよりもしっかりとした冊子にまとめられ、具体的な保全エリアや保全手法なども盛り込まれていました。

これから地元説明に入ると、おそらくいろいろな意見も出るでしょうし、私のところにもいろいろな声が届いてくるのではないかと思います。

いずれにしても、谷戸の保全に向け、一歩一歩前に進みつつあります。

8月26日(水) 市内での販売実態
すでにこの日記でも触れましたが、来週から始まる9月議会では一般質問を行う予定です。テーマは災害対策について。すでに昨日質問通告を出し、11番目という順番になりましたから、最終的に質問者数によって異なりますが、おそらく一般質問2日目の最後か、3日目の最初ぐらいの出番になると思われます。

さて、そんなことで今日も質問の聴き取りに備えて、質問内容を整理していました。

よく言われるように大規模な地震が発生すると、津波ももちろんですが、火災によっても多くの人命が失われる可能性があります。そして地震災害時の火災発生要因の6割以上が電気火災によるもので、火災の発生を少なくするためには、いかに電気火災の発生を抑制するかがカギとなります。

そこで、以前もこの日記で感震ブレーカーのことについて触れましたが、実際に市内の家電量販店やホームセンターなどを見てみても、ほとんど取り扱われていないのが実態となっています。

おそらくブレーカーを工事するタイプについては電気工事店との相談になり、実際に店舗等で購入することになるのは簡易型のものになると思われますが、より多くの方が目に触れる機会が増えなければ、市民の意識も高まらないのではないかと思います。

もちろん、一人でも多くの方が予防的措置をとることにより、1件でも火災の発生が減り、一人でも多くの命が救われるに越したことはありませんので、感震ブレーカーの設置については有意義なことと思いますが、まずは市民への普及・啓発活動が必要ではないかと思われます。

8月25日(火) 条件付き一般競争入札
いよいよ来週から9月議会がスタートしますが、その前に上程される議案に対する説明会が開催されました。今回も昨年度決算など様々な議案が上程される予定となっていますが、中でも大きな議案としては新庁舎建設にあたり、事業者との間に工事請負契約を結ぶ議案ではないかと思います。

結果的には2企業グループが入札に参加し、条件付き一般競争入札の結果、鹿島建設・門倉組共同企業体が落札者となりました。契約金額は約175億円です。

ただ、今回よく分からないのが条件付き一般競争入札のやり方で、次のような仕組みになっています。

まず、企業の技術力や市に対する貢献度等を評価した技術評価点(B)を入札金額(A)で割り、それに1億をかけて出てきた数字(評価値(C))の大きい方が落札者になるという仕組みです。分かりやすく数式を示すと次のようになります。

技術評価点(B)÷入札金額(A)×100,000,000=評価値(C)

さらに、今回の入札の具体的な中身を示すと次の通りです。

業者名 入札金額(A) 技術評価点(B) 評価値(C)
鹿島建設・門倉組共同企業体 162億円 163.5 1.0092
熊谷組・田中建設工業・大野設備工業共同企業体 155億9千万円 142.25 0.9124

ちなみに、入札金額と契約金額の差は消費税となっています。

こうした入札方法も一つなのでしょうが、正直なところ今回初めて目にしたような気がします。入札制度もいろいろ複雑なだけに、理解するのが難しいですが、改めて勉強し直してみたいと思います。

8月24日(月) 災害用トイレ
いざ災害が起こった際に困るのがトイレ。上下水道が利用できないとなると、工事現場にあるような仮設トイレを利用することになります。しかし、往々にして、和式が多く、足腰が悪いご年配の方等にとっては利用し辛いものになります。また衛生的なことや男女を問わず気兼ねなく利用できるようなこと等を考えると、より良きものが求められます。

そんな中で考えられたのが、地下水を利用した災害用トイレです。これは井戸を掘って地下からくみ上げた地下水をトイレの水として利用するというもので、すでに茅ヶ崎市で2か所設置されています。

そこで、先日実際に茅ヶ崎市の中央公園としろやま公園に出掛け、実物を見てきました。

まず右の写真が中央公園に設置されたもので、普段から隣にあるトイレ(写真では左側のレンガ風のドーム状の建物)でくみ上げた地下水が利用されています。もちろん、いざ災害が発生した時にも、仮に水道水が利用できなくても、地下水を利用し、水洗トイレが利用できるようになっています。ただ、課題は下水道が利用できなくなってしまった場合にどうするのかという点です。

それを改善したのが次のしろやま公園に設置された災害用トイレで、こちらにはタンクが地下に設置されており、もし下水道が災害により利用できなくなってしまった場合には、こちらのタンクに汚水を貯めることができ、災害時も水洗トイレとして利用できる仕組みになっています。ちなみに、平素は公園の駐輪場となっている場所の下に便器が格納されており、いざ災害時には隣の倉庫に保管されている簡易テントを張れば、人目を気にせず水洗トイレが利用できるようになっています。

藤沢でもこうした地下水を利用した災害用のトイレが設置できないか、過去に質問したこともありましたが、やはり下水道がどこまで利用できる状態にあるかということと、コストパフォーマンスがネックになってくるようです。

茅ヶ崎の場合は公園に設置されていましたが、より多くの方の利用を考えれば、災害時の避難場所となる小・中学校や地域の防災拠点ともなり福祉的なサポートを必要とする方の一時的な受け入れ先ともなる市民センターや公民館に設置するのが理想的ではないかと思われます。

もちろん、そのまま設置するには費用もかかることですから、例えば学校施設の改修や建て替え、或いは、市民センターの建て替えの際などに合わせて設置し、平素はトイレの水としてくみ上げた地下水を利用し、水道代を節約するなどの取り組みが考えられるかもしれません。

いずれにしても、来月から始まる9月議会の一般質問で、改めて市側の考え方を聞いてみたいと思います。

8月22日(土) 全国巡回ラジオ体操
毎朝ラジオで朝の6時半からやっているラジオ体操が藤沢にやってきました。会場が秋葉台運動公園と我が家のすぐ近くであり、なおかつ地区社体協の会長でもあるので、朝6時の集合時間にあわせて参加してきました。

全国放送とは言え、テレビ放送ではなくラジオ放送なので、体操している様子等がテレビに映し出されるわけではありませんが、それでも2,000以上の方々が集まり、盛大に収録が行われました。

本番収録後はラジオ体操のピンポイントレッスンなども行われ、改めてラジオ体操の奥深さを知りました。

8月21日(金) 総合的な災害対策条例
今朝は六会日大前駅で活動レポートを配ってから、亀井神社の例大祭式典に参列してきました。お盆休みも明け、いよいよ各お宮のお祭りが始まります。これからまた毎週末お祭り回りに出掛けることになります。

さて、午後からは一般質問の質問内容づくりに向けた勉強をしていました。以前もこの日記で書きましたが、藤沢市地域防災計画に目を通し、今日は各自治体の取り組みについて調べていました。

いろいろ調べてみると、気になることを発見しました。それは、自治体によっては災害対策に関わる総合的な条例を制定しているところがあるということです。実際には、私が把握した範囲では政令市や東京の特別区で制定されているところがあり、その内容もまちまちです。

ただ、藤沢でも地域防災計画を策定していますが、その中身を担保し、実効性を高めるためにも、或いは、計画の中にも多くの市民や事業者等の協力を求める内容が散りばめられていますが、これらの市民等の協力をお願いする、或いは、努力義務を課す上での法的な後ろ盾となる条例がひょっとしたら必要になってくるのではないかと感じました。

横浜市の震災対策条例では、市民の責務として災害に備えて食べ物や飲み物を備蓄しておくことを努力義務規定として定めるとともに、災害時の要援護者対策や帰宅困難者対策、さらには災害復旧に向けた業務に協力した事業者等が負傷等した際の補償についてまで定めています。

藤沢ではすでに災害後の復興について藤沢市災害復興条例が制定されるとともに、災害復興基金も創設されましたが、やはり災害に備えた予防的措置から、実際に災害が起こった際の応急的措置も含めた総合的な条例が必要ではないかという気がします。

もう少しいろいろと調べてみて、その必要性等についてはもう少し掘り下げて考えてみたいと思います。

8月20日(木) 密着取材
今日は午後から大学生が私の活動を密着取材しに来ました。ここ数年、夏休みや冬休みなどの長期休暇期間を利用して、大学生のインターンを受け入れてきましたが、今年はインターンの受け入れの代わりに、学生の密着取材を受けることにしました。

日ごろからよく言われることですが、果たして市議会議員とはどのような仕事をしているのか。今回の取材でもこれをテーマに私の活動に密着し、3分の動画に編集するものです。

果たしてどのような出来になるのか分かりませんが、少しでもお役に立てればと思います。

8月19日(水) 地域防災計画
お盆休み気分もすっかり消え、いよいよ明日からは9月議会における一般質問の通告が始まります。すでに、9月議会では災害対策について質問しようと、いろいろと頭の中では考えていますが、改めて今日は地域防災計画に目を通し直していました。

本編と資料編でバインダー2冊という、見るだけで読む気が失せる代物ですが、改めて本編の1ページ目から、目を通し直してみました。

まだまだ今日の段階では途中までしか目を通し切れていませんが、災害時の各課題への対応についてはそれぞれ個別に計画をつくる、或いは、検討するという表現が多く見受けられ、個別の対応がどこまで詰められているのか、ちょっと気になります。

この分だと明日も腰を据えて目を通さないと終わりそうもありませんが、質問通告を出すまでには、粗方質問の内容も固めておきたいと思います。

8月18日(火) 竜巻
昨日の悪天候で市内数か所で竜巻によるとみられる被害が発生しました。私も自宅にいましたが、全く竜巻のような気配は感じられず、ネットのニュースで藤沢で竜巻被害が発生したことを知ったような次第でしたが、今朝、早速現地の状況を確認してきました。

すでに、テレビのニュースで放映されていたような倒壊した物置や足場等は片付けられていましたが、近隣の方に話を伺うと、急に物凄い雨風がやってきたそうで、恐怖を感じたそうです。わずか20~30秒で過ぎ去って行ったそうですが、竜巻が通り過ぎてゆく姿を見たという方もいらっしゃいました。

竜巻というとどこか遠いところでの話のように感じていましたが、こんな身近なところで被害が発生すると他人ごとではない気がします。

すでに被害状況の把握や対応等については議会事務局からも関連情報が私達議員にも伝えられてきておりますが、何より人命にかかわるような被害にならなかったことが何よりです。

8月17日(月) 新聞休刊日
今日は新聞休刊日。以前からなぜこのような日があるのか。各紙ずらして休みをとればいいのではないかと思っていましたが、先日、ある報道関係の方に伺って、疑問が解けました。

お話によると販売店の休みを確保するために各紙一斉に休みをとることにしているそうです。各紙休みがバラバラだと、地域によっては一つの販売店が何紙も扱っており結局休みがとれなくなってしまうため、それで一斉に休んでいるそうです。

なるほどと思いましたが、一方で、もうちょっと工夫して何とかならないものかとも思いました。何といっても、新聞は国民にとっては様々な情報を得る貴重なメディアになっていますから。

8月16日(日) 閻魔祭
今日はお盆最後のご先祖様を送る日ということで、西俣野の花應院で行われた閻魔祭にお邪魔してきました。この地には小栗判官と照手姫にまつわる史跡が数多く残っており、地元の方々がこうした史跡や閻魔様を大切に保存されています。

そんな地元の保存会の方々によって毎年2回閻魔祭が行われ、この日に閻魔様の胎内にある胎内仏もご開帳されます。

昨年からお邪魔させて頂いていますが、法要の後にはご住職様による地獄変相十王図絵解きに関するお話があり、大変興味深く今日も伺ってきました。

最近の子供達には「嘘をつくと閻魔様に舌を抜かれる」と言っても話が通用しないことが間々あるそうで、こうした昔ながらの風習や言い伝えをこれからも後世にしっかりと伝えてゆきたいものです。

8月11日(火) カロリー消費
夏休みが長いところでは先週末から夏休みに入っているのではないでしょうか。私も今週は朝の駅頭をお休みします。

とは言っても、それ以外は通常営業中で、昨日も多くの方のご協力を頂いて夏のレポートの発送準備作業を行いました。

今日は準備ができたレポートをいつも通り近所についてはポスティングして歩いていました。昨晩だいぶ飲み過ぎてしまったので、ちょうどいいカロリー消費です。

8月8日(土) だべ会
earthbond主催による第3回だべ会に参加してきました。今回のテーマは地方政治についてで、なぜ投票率は上がらないのか、なぜ関心が向けられないのかなどについて話し合われました。

投票率が毎回下がってくるような傾向が見受けられるのは残念なことであり、いかに有権者の興味・関心をひいて投票率を上げてゆくのかというのは以前からの大きな課題です。

中には、何らかの罰則を設けてはとか、投票すると何かもらえるインセンティブを働かせてはなど、いろいろな意見・アイデアも聞こえてきますが、そもそもが権利であり、権利を行使する・しないで罰や特典が得られるというのもいかがなものかという気がします。

もちろん、市政そのものが身近に感じられない、投票に行っても何ら直接的に良いことがある訳でもない、或いは、選挙制度そのもの自体が市民生活の実態にあっていないなど、有権者から聞こえてくる声には今後改善してゆくべき課題のヒントが隠されているような気がします。

また、議会としても市民に開かれた議会として議会改革に取り組み、議会報告会なども開催してきていますが、引き続き議会としても市民に身近な存在として改善を図るところは改善を図る必要がありますし、議員個人としても引き続き様々な活動を通して少しでも市政を、或いは市議会を身近に感じれもらえるような工夫や努力は必要です。

いずれにしても、2時間の収録時間があっという間に経過した、内容の濃い会だったと思います。

今回の様子はまた改めてearthbondのホームページでも公開されるようです。

8月5日(水) 社会保障フォーラム
今日から明日までの二日間、社会保障に関するセミナーに参加します。

初日の今日は医療制度改革と地域包括ケアについてと地方創生、さらには、高齢者の栄養指導と食事などについてでした。

この手の分野はいずれも、これまで私があまり得意としてこなかった分野でもあり、とは言え、藤沢でも確実に高齢化が進展してきている中で、これからしっかりと取り組んでいかなければならない課題でもあります。

とりあえずは、初歩的なところから勉強しようと思い、今日のセミナーに参加しましたが、社会保障とは少し離れた話も合ったものの、特に国の担当課の方が来られての話は大変勉強になりました。

明日は国民健康保険についての話ですが、しっかりと勉強してきたいと思います。

8月3日(月) 長い目で見た取り組み
先の6月議会で辻堂東海岸4丁目にある県有地について質問がなされていました。具体的には湘洋中学校の近くにある県の職員住宅の跡地に津波避難タワーを建設できないかという趣旨の質問だったと記憶していますが、今日たまたま近くに行ったので現場を見てきました。

すでに県の職員住宅があったところは宅地開発が進められており、いまさら津波避難タワーを建設できる状況ではありませんでしたが、ただその周辺には県有地と思わしき土地(例えば右の写真)があり、これをうまく活用できないかという気がします。

具体的には、津波避難タワーのような人工的な構造物ではなく、以前視察でも訪れた静岡県袋井市にある平成の命山のような、要は築山を築いてその上を公園にでもして開放し、あとは松でも植えて景観や砂防に役立てる取り組みができないかと思います。

人口的な構造物だといずれはメンテナンスや建て替えが必要となってきますし、景観上も海岸沿いに相応しいかどうか、おそらく議論の余地があろうかと思います。

むしろ築山の方がメンテナンスはそれほど必要とは思われませんし、景観にもマッチするとともに、松でも植えれば砂防林の役割も期待できるのではないかと思われます。

もちろん、防犯上の安全面の考慮も必要かとは思われますが、この当該地周辺は県の津波浸水予測を見てもさほど深い浸水深は予測されておらず、従ってさほど高い築山を造る必要もなく、むしろ湘洋中学校等も近いことを考えると、命を守る一つの選択肢として、今後検討に値するではないかと思います。

もちろん、いま市でもできることを積極的に進めているところであり、特にすぐに対応できる取り組みについて積極的に進めていますが、そろそろ長い目で見た取り組みも考えてみてもいいのではないでしょうか。

8月1日(土) 空の広さ
あっという間に7月も終わり、今日から8月がスタートしました。今日も朝から学校のプール開放の監視員をやり、一息つく暇もなく、各地の夏祭りへ。この時期は毎年そうですが、平日よりも週末の方が忙しくなります。

さて、そんな中で久々に、高校を卒業して以来、同級生に逢いました。たまたま実家に帰って来ていたそうで、20年ぶりの再会です。

そんな中で、藤沢ってどう?と聞かれたので、逆に外から見て藤沢ってどう?と聞き返してみました。案外と住み慣れてしまうと自分たちが住んでいる街を客観的に見ることができなくなってしまいますが、そうした中で、外から見たときに藤沢がどう見えるのか、意見を聞くことは貴重なことです。

印象に残った一つの意見として、藤沢の駅前の空が段々狭くなってきているという話がありました。そう言えば、先日も一度都内で暮らした方が藤沢に戻ってこられて感じた話として、善行の駅前に降り立つと空が広々と広がっているのが良いという話をしていらっしゃいました。

普段、藤沢に住んでいると気が付かない話ですが、都内に住んでいたり、通っていると、意外とビルの多い空間の中で、この藤沢の空の広さは貴重なものなのかもしれません。

 先月(平成27年7月)の日記はこちら
 
このページのトップに戻る 
Copyright(C) 原てるお後援会. All Rights Reserved.