トップ日記平成29年7月
日記(平成29年7月)
7月26日(水) 地方議員連盟視察研修会
昨年11月に中央大学出身者で地方議員を務めている人達で地方議員連盟を立ち上げましたが、その第1回目のプロジェクトとして埼玉県加須市と久喜市への視察研修会が開催されました。

加須市では東日本大震災後の福島県双葉町からの避難者の受け入れやスポーツの街づくりなどについて視察し、久喜市では議会報と放課後子ども教室などについて視察してきました。

いずれも大変勉強になりましたが、同窓ということをきっかけに地方議員が集まり研鑽を積むというのはとても良い機会です。

私もいち会員として、これからもできる限り参加し、横の交流を図るとともに、自らの議員活動の糧にしてゆきたいと思います。

7月24日(月) 作業チーム案
先週末は市内各地の夏祭りに顔を出してきました。先週末が今シーズンで一番多いような気がします。

さて、週も明け、今日の午後は(通称)猫議連の条例作成作業チームの第7回目となる会合を行いました。前回までの作業でほぼほぼ条例の骨格は出来上がりましたが、今日は文言の整理や条文の順番、前文の作成などの作業を行い、ほぼほぼ作業チームとしての案が出来上がりました。

今後は法制担当の職員に見てもらい、専門的な観点からアドバイスを頂いて、議員連盟の全体会にかける予定です。

他の自治体の条文を寄せ集めながら、できるだけ簡素に、平易に表現するよう工夫し、一言一句自分たちで考え、作り上げてきました。

まだ作業チームの案レベルなので、条文の細かい内容に触れるのは控えたいと思いますが、いずれ全体会のレベルで取りまとめられたのちに、然るべきタイミングで、詳細について紹介できればと思います。

7月19日(水) 駐車問題
昨日の続きになりますが、一つ以前から話題になっている課題があります。それはホタルの時期になると、観賞に訪れる方が近隣に路上駐車をし、困っているということです。

これまでも何度となく警察に通報が行っているようですが、あくまでホタル保存会としては、ホタルの保存活動を行っているものであり、積極的に来客の呼びかけを行っている訳ではないことから、駐車場についてはノータッチでした。

しかし、多くの方が毎年訪れ、その結果、中には近隣に路上駐車をして近所の方に迷惑を及ぼしているというのも事実であり、これまでも駐車場をどうするかということは会の中でも議論になってきました。

確かに、会としてはホタルの保存活動を行っているだけであり、一方で、周辺住民への影響を考えると、市で某かの対応ができないかという気もします。ホタルの期間だけ旧北高校跡地を開放するなど、何らかの対策を講じることにより、近隣への迷惑を極力少なくできないかという気がしています。

7月18日(火) 反省会
先週末はホタル保存会の反省会が行われました。反省会と言っても、特別悪いことがあった訳でもなく、パトロールも終了し、お疲れさん会を兼ねて毎年開催されています。

反省会の中でも話が出ていましたが、どうやったらホタルが多く出るようになるか。下草を刈らない方が良いという意見もあれば、時期をずらせば大丈夫だという意見もあり、実際のところは何が正しいのかよく分かりません。

ただ、皆さんこれからも多くのホタルに飛んで欲しいという想いは一緒です。来年はまた多くのホタルが飛ぶ姿を楽しみにしたいと思います。

7月14日(金) 意見交換会
午後から六会地区の郷土づくり会議の方々と六会地区選出の市議会議員とで意見交換会が開催されました。今回で3回目となりますが、その後の懇親会も含めて様々な情報交換ができ、とても有意義な時間でした。

今回は各議員が活動報告を行いましたが、今後はさらに双方向のキャッチボールを進める中で、具体的な課題解決に結びついてゆくと良いのではないかと期待しています。
7月8日(土) 第57回後援会大会
私が後援会長を務める新日本舞踊小桜流の第57回目となる後援会大会が開催され、今回も踊ってきました。今回は代理出場も含め2曲も踊ることになりましたが、頭は混乱し、いっぱいいっぱいでした。

それでも多くの方にご来場頂き、歓声を頂いたのは嬉しい限りです。これからも無理のない範囲で続けられればと思っています。

7月7日(金) 残念至極
行政改革等特別委員会が開催されました。今後の財政見通しが厳しさを増す中、計画を1年前倒しして新たな行革にチャレンジすることになりました。

その具体的な中身が今日の委員会で報告されましたが、あまりの中身の無さにがっかりしました。委員会の中でも目的がはっきりしないなど厳しい指摘がなされていましたが、ここまで厳しい意見が出されるのは、かつてないことではないかと思います。

いまの市政の行革に対する姿勢がよく現れていると思いますが、向こう5年間でこのまま計画されている事業をそのまま実施すれば五百数十億円の収入不足に陥ると触れられていながら、出てきた行革の中身が電話交換業務の委託化など百数十万円程度のコストダウンにしかならないようなものばかりです。

もっと大胆な切り込みを期待していただけに、残念です。

7月3日(月) 条文づくり
午前中は(通称)猫議連の条例作成作業チームの会合を行いました。今日の作業では、各自が作成した条例のたたき台を基に、具体的な条文づくりに取り組みました。

今日までのところで、目的や市の責務、不適切なエサやりの禁止などについて条文が出来上がりましたが、この条例の一つのポイントとなる不適切なエサやりの禁止について条文が取りまとめられたことにより、一つの山を越えることができました。

条文の詳細をここで明らかにすることは、まだたたき台の段階なので差し控えたいと思いますが、次回会合では、飼い主の責務や地域猫活動に関する規定などについて取りまとめてゆく予定です。

 先月(平成29年6月)の日記はこちら
 
このページのトップに戻る 
Copyright(C) 原てるお後援会. All Rights Reserved.