私、いまの国会議員は与党も野党も本当に国のため、私たちのために働いているのだろうかと、疑問に思っていました。

与党は、一党独裁のごとく、問題が起きても説明責任も果たさないまま逃げてしまいますし、野党は、私たち多くの国民が実感をしていないアベノミクス、そして大企業と金持ちだけの政策に対する対抗策を訴えきれないでいました。

そんな中、突然の解散。ああ、また先が見えないまま自民党が勝利してしまうのだろうか。と考えていました。

そうしましたら、希望の党の立ち上げでした。それこそ私は未来に光を見た思いでした。

どうですか、皆様もこの若き原てるお君に将来を託してみませんか。

政治に対する思いは十分です。希望に満ちるこの日本の未来ために皆様とともに若き原てるお君を国会の場へ担ぎ出していただきたい。
皆様方の大きなご支援をよろしくよろしくお願い申し上げ、挨拶といたします。
皆様どうかよろしくお願い申し上げます。

鈴木運輸株式会社 代表取締役 鈴木勝貴