トップ政策石川小学校における生徒数増加への対応
石川小学校における生徒数増加への対応
課題: 石川小学校は平成6年に「開かれた学校」というコンセプトのもと、オープン型の教室(※下の【図2】参照)を採用した学校として開校しました。しかし、その後周辺地域の開発に伴い、生徒数が急増し、開校当初368人であった生徒数が平成20年度には709人と倍近くまで膨れ上がり、その結果、普通教室が足らずに特別教室やメディアスペースを普通教室に転用して何とか教室を確保している状況にあります。さらに生徒数の増加はただでさえはめ殺しの窓が多く風通しが悪い校内の状況に拍車をかけ、子供たちも先生方も特に夏場は大変な思いをして授業をしています。

そこで、こうした状況を改善するためには、はめ殺しの窓を開放できる窓に換えるとともに、何らかの方法で校舎を増改築し、教室数を増やす必要があります。
行動: 平成20年6月議会の一般質問で提案
結果: 風通しの悪さについては、快適な教育環境を提供できるよう早急に検討を進め、対策を図って参りたいと考えております。

また校舎の増築については、関係機関と協議し、教育環境の整備に検討・努力して参りたいと考えております。
(平成20年6月議会の一般質問に対する答弁)
風通しの悪さの問題を解決するために、各教室に空調設備を入れるための予算(6,500万円)が平成22年度予算に盛り込まれました。
行動: 平成25年2月議会の予算委員会で提案
結果: 南北環境事業センターを統一するにあたり、矢端公園の石川小学校への編入についても検討する。
(平成25年2月議会の予算委員会での答弁)
【図1】従来の教室 【図2】オープン型の教室
<石川小学校における生徒数とクラス数、普通教室数の推移>
年度 平成6年度
(開校)
平成10年度
(5周年目)
平成11年度
(増築時)
平成24年度
(現在)
生徒数 368人 537人 574人 690人
クラス数 12クラス 16クラス 18クラス 21クラス
普通教室数 12教室 12教室 18教室 21教室
普通教室の不足数 0教室 4教室 0教室 0教室

このページのトップに戻る
Copyright(C) 原てるお後援会. All Rights Reserved.