トップ政策県道藤沢厚木線(辻堂工区)の早期整備
県道藤沢厚木線(辻堂工区)の早期整備
課題: 辻堂駅北口の再開発事業がほぼ完了し、大型商業施設等も開設されていますが、週末や天候の悪い日には多くの車が駅前に集中し、大渋滞を発生させています。また、今後は横浜湘南道路の建設も予定されており、藤沢インターチェンジが完成した暁には、さらに多くの車が辻堂駅周辺に集まってくる可能性があります。こうした事態を回避するために、県道藤沢厚木線(辻堂工区)を早期に整備する必要があります。
行動: 平成21年度予算に対する会派の要望の中に盛り込む
結果: 神奈川県への一層の整備要望の働きかけ行って参ります。
(平成21年度予算に対する会派要望に対する回答)
現状: 県の「かながわのみちづくり計画」で事業化検討箇所に位置付けられました。
(平成24年3月)
<県道藤沢厚木線(辻堂工区)の路線図>

このページのトップに戻る
Copyright(C) 原てるお後援会. All Rights Reserved.