トップ政策災害対策基本条例の制定
災害対策基本条例の制定
課題: 藤沢市では地域防災計画を策定し、災害対策に関わる様々な対応を定めていますが、その実効性を担保するとともに、市民や事業者の協力を仰ぐ上での法的な裏付けとなる条例の制定が必要です。

また、すでに地震対策条例や災害復興条例も制定されていますが、地震災害に限らず、様々な災害への備えが必要であり、さらに、災害対策については、そもそも災害が起こる前の備え、或いは減災から、災害が起こった際の応急活動、さらに、災害後の復興まで一貫した取り組みが求められるところでもあります。

そこで、藤沢市においても様々な災害に対する基本な対応を定めた総合的な条例の制定が必要です。
行動: 平成27年9月議会の一般質問で質問
結果: 地震のみならず全ての災害に対する備えを明文化した条例制定の必要性について、今後、他の自治体の条例を参考にし、研究して参りたい。
(平成27年9月議会の一般質問に対する答弁)
現状: 藤沢市地域防災計画改定素案の中に条例について検討する旨が記述されました。

このページのトップに戻る
Copyright(C) 原てるお後援会. All Rights Reserved.