トップ政策学校規模の適正化に向けた検討
学校規模の適正化に向けた検討
課題: 市内の公立小学校では、児童数が1,000人を超える大規模校もあれば、1学年2クラスになるのがやっとという小規模校もあります。市では学校施設の再整備を検討する中で学校規模のあり方についても検討してゆくようですが、小学校と中学校の学区のあり方なども含めて、地元地域などとも十分意思疎通を図りながら検討を進めてゆく必要があります。

このページのトップに戻る
Copyright(C) 原てるお後援会. All Rights Reserved.